タバコと育毛の相関関係!髪の毛の成長などを阻害する喫煙の怖さとは!

喫煙するとビタミンCを消費させると言われていますが、最初にこの部分から紹介しておきたいと思います。人間は平均で約1200〜1500mg程度のビタミンCの備蓄が必要といわれています。ここで大人が1日に摂取するビタミンCの平均摂取量が120〜130mg前後らしいですが、偏食傾向がある方は、もうすこし少ないかもしれませんね。

ここでタバコ1本で消費されるビタミンCが約25mgといわれているので、1日4〜5本タバコを吸えば1日に摂取するビタミンCを全て消費する計算になります。ビタミンC不足は、コラーゲン(皮膚の真皮層を構成する成分)生成が妨げられ、頭皮の弾力性が失われて硬くなっていくそうです。

また喫煙による悪影響は頭皮以外にもあり、例えば内分泌ホルモン系にも悪影響を及ぼすそうです。喫煙により副腎皮質ホルモンが合成不足になり、女性ホルモンの活性にも悪影響を与えるそうです。その結果ホルモンバランスが崩れ、育毛にも悪影響を与えることが考えられているそうです。

そもそも喫煙で一番問題になるのがニコチンの作用により毛細血管が萎縮されることです。毛細血管の萎縮は、血流悪化を招き、皮膚の温度を下げるそうです。要は喫煙することで血液量が減り、運ばれる栄養も減るわけです。しかも喫煙後の数分で頭皮の温度が1〜3度ぐらい下がるらしいですね。この事からも育毛には、頭皮の血行促進が必要といわれ、頭皮マッサージなどが薦められているわけですね。

しかもタバコは、実際に喫煙しない人も間接禁煙による問題も指摘されています。例えばタバコの煙には、一酸化炭素が含まれていますが、一酸化炭素は体内に入ると赤血球(酸素を運ぶ血液)内のヘモグロビンと結合し、細胞の酸素不足を招くそうです。結果、毛母細胞の代謝も落ち、毛根が成長していかなくなるわけです。

またタバコは、健康を害するのですが、血管を詰まらせることも問題視されています。これは、喫煙により悪玉コレステロールが酸化コレステロールに変化することです。そして酸化コレステロールが血管の内側に付着し、血行促進を妨げるわけです。特に血管の詰まりで怖い病気に動脈硬化がありますが、その一因にもなることが考えられています。そして血行不良は、血管が老化していく原因にもなるわけです。

なお一般的にニコチンは、2時間程度で体内から消失するといわれ、1日数本の喫煙ならニコチンの害は少ないと考えられています。しかし肺胞にタールが付着するため、酸素交換力の低下は招くのですが・・・

さらに喫煙は、神経系にも障害を与えます。ニコチンは、2つの神経を活性化させる作用があります。1つは交感神経の活性化、そしてもう1つが喫煙の満足感がもたらす副交感神経の活性化です。これらは相反することですが、実はかなり問題があり、自律神経系のバランスが崩れやすくなり、ストレス抑制機能の低下を招く一因として考えられているそうです。自律神経失調症の患者は、タバコ厳禁のことからもわかります。やはりタバコは百害あって一利無しといった感じです!
posted by ダブルインパクト(育毛サプリメント) at 09:19 | 育毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。