女性の育毛を考える!やはり女性専用の頭皮ケアが必要か!

女性の育毛を考える場合、育毛剤や育毛シャンプーは女性を意識した製品の方がいいかもしれませんね!育毛剤などは、リリィジュ 口コミのように女性専用に作られていたりします。育毛シャンプーならレバティ シャンプー 口コミが参考になりますね!特に女性の薄毛や抜け毛は、男性のソレとは異なり、適切なケアで改善されやすいといわれています。男女兼用でもいいのですが、女性専用の方が説得力がありますね!その中で育毛サプリメントの類は、男女兼用でいいような気がします!
posted by ダブルインパクト(育毛サプリメント) at 14:18 | 育毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭皮ケアをしてこそ育毛サプリも効果を発揮か!?

例えば、育毛剤の効果が実感できないケースに、頭皮との相性や、頭皮環境が健康ではないことが挙げられます。こう考えると、育毛サプリの効果も頭皮ケアがあってこそなのかなと思ったりします。やはり育毛サプリ 頭皮ケアはワンセットなのかもしれませんね。フケや頭皮の痒みといった症状がある場合、それを改善させてから育毛サプリを使うほうが良いのかもしれませんね。どうもサプリメントというと、それだけに頼ったケアを考えがちですが、やはりトータル的に考える必要があるのかもしれませんね。
タグ:頭皮ケア
posted by ダブルインパクト(育毛サプリメント) at 15:39 | 育毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪の毛にいい食べ物!育毛効果が期待できる栄養は!若布・昆布など海藻類は?

育毛を意識するなら育毛剤や育毛シャンプーは当然ですが、食事面にも気をつけたいところ。特に健康な髪の毛(頭皮)は、バランスのとれた食事がポイントになります。そのため育毛サプリメントでは、色んな栄養が含まれているものが多いわけです。

そこで、ここでは育毛に効果のある栄養について紹介します。よく若布や昆布といった海藻類は、髪の毛にいいとされていますが、それは海藻類に含まれるミネラルが関係しているようです。最近は、ワカメシャンプーといった海洋成分を配合したシャンプーが意外と人気ですからね。

なおワケメ・コンブなどの海藻類は、ヨウ素(ミネラルと同じ仲間)を含んでいるのですが、実はこのヨウ素が甲状腺の働きを活発にするため、育毛効果が期待できるといわれています。

そして、このヨウ素を多く含む食材が海藻類なのだそうです。なおヨウ素は、魚や肉などのタンパク質と一緒に摂取した方が育毛効果としては高くなるようです。

●ヨウ素を多く含む食材!特に乾燥昆布!
乾燥コンブ 200〜300mg
乾燥ワカメ 7〜24mg
乾燥ヒジキ 20〜60mg

その他にも納豆・山芋・オクラといった、ネバネバ系の食材にもヨウ素が含まれているそうです。できれば味噌汁には、ナメコやワカメなどを入れて育毛にも役立てたいものです。

さらに抹茶・緑茶・貝類に含まれる亜鉛も育毛効果が期待できるそうです。育毛サプリメントのダブルインパクトにも亜鉛がありますからね!特に亜鉛は、代謝を活発にする効果が期待でき、髪の毛がキレイに(艶が出る)なるとされています。さらにタンパク質の合成にも亜鉛は欠かせず、肉や魚と一緒に摂取したい栄養といえます。例えば体内のタンパク質の合成がままならないと、抜け毛の原因にもなるそうです。

さらにゲルマニウムも育毛効果が期待できるそうです。ゲルマニウムもミネラルの一種になり酵素を体内に取り込む際に必要な成分になるそうです。このゲルマニウムは、サルノコシカケ科のキノコに含まれ、ニンニク・高麗人参・シイタケ・蜂蜜・アロエ・ウド・クコの実といった食材というより漢方薬といったモノに含まれているようです。

やはり育毛は、育毛剤や育毛シャンプーと合わせて食事内容の見直し、特にバランスの取れた食事がポイントです。ただ実際にバランスの取れた食事ほど難しいものは無く、そこで役立つのが育毛サプリメントになる感じです。
タグ:ヨウ素
posted by ダブルインパクト(育毛サプリメント) at 09:16 | 育毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タバコと育毛の相関関係!髪の毛の成長などを阻害する喫煙の怖さとは!

喫煙するとビタミンCを消費させると言われていますが、最初にこの部分から紹介しておきたいと思います。人間は平均で約1200〜1500mg程度のビタミンCの備蓄が必要といわれています。ここで大人が1日に摂取するビタミンCの平均摂取量が120〜130mg前後らしいですが、偏食傾向がある方は、もうすこし少ないかもしれませんね。

ここでタバコ1本で消費されるビタミンCが約25mgといわれているので、1日4〜5本タバコを吸えば1日に摂取するビタミンCを全て消費する計算になります。ビタミンC不足は、コラーゲン(皮膚の真皮層を構成する成分)生成が妨げられ、頭皮の弾力性が失われて硬くなっていくそうです。

また喫煙による悪影響は頭皮以外にもあり、例えば内分泌ホルモン系にも悪影響を及ぼすそうです。喫煙により副腎皮質ホルモンが合成不足になり、女性ホルモンの活性にも悪影響を与えるそうです。その結果ホルモンバランスが崩れ、育毛にも悪影響を与えることが考えられているそうです。

そもそも喫煙で一番問題になるのがニコチンの作用により毛細血管が萎縮されることです。毛細血管の萎縮は、血流悪化を招き、皮膚の温度を下げるそうです。要は喫煙することで血液量が減り、運ばれる栄養も減るわけです。しかも喫煙後の数分で頭皮の温度が1〜3度ぐらい下がるらしいですね。この事からも育毛には、頭皮の血行促進が必要といわれ、頭皮マッサージなどが薦められているわけですね。

しかもタバコは、実際に喫煙しない人も間接禁煙による問題も指摘されています。例えばタバコの煙には、一酸化炭素が含まれていますが、一酸化炭素は体内に入ると赤血球(酸素を運ぶ血液)内のヘモグロビンと結合し、細胞の酸素不足を招くそうです。結果、毛母細胞の代謝も落ち、毛根が成長していかなくなるわけです。

またタバコは、健康を害するのですが、血管を詰まらせることも問題視されています。これは、喫煙により悪玉コレステロールが酸化コレステロールに変化することです。そして酸化コレステロールが血管の内側に付着し、血行促進を妨げるわけです。特に血管の詰まりで怖い病気に動脈硬化がありますが、その一因にもなることが考えられています。そして血行不良は、血管が老化していく原因にもなるわけです。

なお一般的にニコチンは、2時間程度で体内から消失するといわれ、1日数本の喫煙ならニコチンの害は少ないと考えられています。しかし肺胞にタールが付着するため、酸素交換力の低下は招くのですが・・・

さらに喫煙は、神経系にも障害を与えます。ニコチンは、2つの神経を活性化させる作用があります。1つは交感神経の活性化、そしてもう1つが喫煙の満足感がもたらす副交感神経の活性化です。これらは相反することですが、実はかなり問題があり、自律神経系のバランスが崩れやすくなり、ストレス抑制機能の低下を招く一因として考えられているそうです。自律神経失調症の患者は、タバコ厳禁のことからもわかります。やはりタバコは百害あって一利無しといった感じです!
posted by ダブルインパクト(育毛サプリメント) at 09:19 | 育毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。